MENU

洗顔後に使うことで化粧水の浸透率アップ!オリファが持つブースター導入液としての役割についてご紹介します。

化粧水や美容液などを使ってしっかりスキンケアをしているものの、なかなか肌の状態が良くならないということに悩んでいる方も多いようです。そういった方はもしかしたら現在の肌の状態が悪化しているのかもしれません。

 

そのような状態で効果の高い化粧水や美容液などをつけたとしても肌には浸透してくれません。

 

この場合におすすめなのがブースターと呼ばれるものを使用するということです。

 

セラビオ配合発酵導入液「ORifER(オリファ)」は、発酵ブースター導入液なのですが、洗顔後に塗ることにより、その後の化粧品の浸透率を高めてくれます。

 

ただ、ブースターと言われてもどういったものなのかよくわからないという方も多いでしょう。そういった方のために、ブースター導入液の特徴などについてご紹介します。

 

ブースターとはどういったもの?

これは、肌の土台を整えるものと考えればわかりやすいでしょう。状態の悪い肌というのは硬くなっています。このような状態ではどうしても有効成分が浸透しにくい状態になっているため、まずは肌をやわらかくしてあげることが重要になるのです。

 

肌をやわらかくするといってもただ化粧水などを塗るだけでは効果がありません。そこで役立てたいのがブースター導入液です。

 

ブースター導入液には肌の乾燥を改善する働きがあるため、その後に使う化粧水や乳液が肌の奥に届きやすい状態を作れます。肌をほぐす目的で使うものであるため、お手持ちのスキンケアアイテムを更に有効活用する目的でも使えるのが魅力です。

 

ブースターの効果をしっかり実感するためには

重要なのが、肌をキレイにした状態で使うということです。メイクをしたままだったり、肌に汚れが残った状態ではブースターの効果を十分に発揮することができません。

 

また、肌は洗顔した直後からすぐに乾燥を始めるのですが、乾燥が進んでしまうと硬くなってしまうため、洗顔をしたらできるだけすぐに使いましょう。こうすることにより、肌を乾燥から守れるだけでなく、化粧水などを吸収しやすい状態に導くことができます。

 

セラビオ配合発酵導入液「ORifER(オリファ)」は、基本的に夜の手入れの際に使用するため、朝は時間がないという方でも安心ですね。

 

スペシャルケアをしたいと思っているのであれば、化粧水や美容液なども肌に合うものを探し、夜のスキンケアに力を入れてみましょう。

セラビオ配合発酵導入液ORifER(オリファ)


セラビオ配合発酵導入液ORifER(オリファ)をさっそく購入


セラビオ配合発酵導入液ORifER(オリファ)の公式ホームページへ